トップ / 良い成分が入っている歯磨き粉

正しい歯磨きをする

良い成分が入っている歯磨き粉

歯磨き粉の選び方も重要

効果的に歯磨きをするには、良い歯磨き粉を選ぶのも大切です。現在、一般的に使用されることが多いのはペースト状になった練り歯磨きです。以前は、粉になった歯磨きを使うことが普通だったため、歯磨き粉という呼称が有名になりました。最近は、ほとんどがペースト状のものになりましたので、歯磨き剤や歯磨きといった名前で呼ばれることも多くなりました。

歯磨き剤は一般的なペースト状のほか、ジェル状、液状、デンタルリンス、フォーム、粉といったように様々な種類があります。選択肢の幅が広がり、自分のライフスタイルにあった歯磨き剤を選ぶことができるようになったというわけです。歯磨き粉のランキングならこちら。

日本薬事法によって、歯磨き粉は主成分の違いで「化粧品」と「医薬部外品」のふたつに分けることができます。研磨剤や発泡剤などの基本成分のみで構成されているものを「化粧品」とし、基本成分に薬用成分がプラスされたものを「医薬部外品」としています。日本で販売されている歯磨き粉の約9割は「医薬部外品」となっています。その中の約8割にはフッ素が配合されています。

歯磨き粉の基本成分は、研磨剤、発泡剤、湿潤剤、香味剤などとなっており、歯の表面を傷つけないようにプラークやステインを落とすことを目的として作られています。この基本成分にプラスされる薬用成分としては、フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、ε‐アミノカプロン酸、イソプロピルメチルフェノール、ラウロイルサルコシンナトリウムなどが挙げられます。

薬効としては、虫歯予防、歯周病・歯肉炎予防、口臭防止などがあります。国では6つの効能と58種類の薬用成分が薬用歯磨きの承認基準を満たすものとして提示されています。国の承認基準に載っていない薬用でも、メーカーが独自に個別で承認を得ることもあります。

虫歯や歯肉炎など症状によって有効成分が異なるため、薬用歯磨きを選ぶ際は裏面に記載されている効果、効能、成分表などを参考にして選んでみましょう。

Copyright © 歯磨きの悪習慣とは?. All rights reserved.