トップ / 歯磨きにプラスできるグッズ

正しい歯磨きをする

歯磨きにプラスできるグッズ

効果的なのは歯間ブラシ

歯ブラシでの歯磨きは歯の表面は綺麗にすることができますが、歯と歯の隙間にたまったプラークについてはしっかりと落とすことができません。WHO(世界保健機構)の歯周病に関する提言でも、歯間の歯垢については歯磨きでは落としきることができないことが多く、歯間部に炎症があるときは歯間用の清掃道具が必要であるとしています。

歯と歯の間のプラークを落とすには、普段の歯ブラシにプラスして歯間ブラシやデンタルフロスを使うと効果的です。歯ブラシだけの歯磨きではおよそ6割程度のプラークしか落とせなかったのに対し、歯間ブラシを併用することで9割以上のプラークが除去できたという調査結果もあります。さらにすでに歯周病や歯肉炎が進行している人でも、歯間ブラシをプラスして歯磨きをすることで症状が改善していったという報告もあります。

歯間のプラークを除去することに長けている歯間ブラシですが、歯の間が詰まっているところには通すことができません。歯肉で満たされている場合など、歯間ブラシを使うことが難しい場合は、デンタルフロスを使う方が良いこともあります。

歯間ブラシのサイズは一般的にSSSからLまでと幅広くなっています。最近では、SSSよりもさらに小さい4Sというサイズのものも販売されています。歯間が小さい人でも使いやすくなってきました。さらに、素材もワイヤータイプだけではなくソフトラバーを使用したものなども増えてきました。まっすぐなもの、L字型に曲がったものなど形状も様々です。どのサイズの歯間ブラシを使えばいいのか分からない場合は、歯科医院で自分に合ったサイズを教えてもらうと安心です。

歯磨きグッズは歯間ブラシやデンタルフロス以外にも面白いものが続々と販売されています。珍しいものでは、イタリアで生まれたローリーブラッシュというタブレット状の歯ブラシが挙げられます。ローリーブラッシュは、直径1.5センチほどの小さなタブレットにポリマー樹脂のブラシがついたもので、口の中で転がして使います。歯磨き粉も水もいらないことから、いつでも簡単に口腔ケアができるということで話題になっています。舌を使って転がすので、舌のケアもできて、口臭予防にもなるということです。

Copyright © 歯磨きの悪習慣とは?. All rights reserved.