トップ / 歯ブラシの正しい選び方

正しい歯磨きをする

歯ブラシの正しい選び方

歯磨きの効果を上げる歯ブラシ

虫歯や歯周病といった自分の症状にあった歯ブラシの選び方を学ぶことで、より効果的に歯を磨けるようになります。同じ時間をかけるならば、きちんと磨ける道具を用意した方が賢いですね。

まず、歯ブラシにはいくつかの種類があるので、どのような目的で使うのかということを明確にしておく必要があります。歯と歯の隙間をしっかり磨く、奥歯や歯の裏側など磨きにくい部分をきちんと磨く、歯茎の歯周ポケット対策としてケアするといったように、それぞれの用途にあった歯ブラシをいくつか用意しておくと、正しい口腔ケアができます。

虫歯がすでにある人や、虫歯予防を重点的に考える人は、プラークコントロールがしっかりとできる歯ブラシを選ぶことが大切です。毛の硬さはふつうを選びます。毛が柔らかめのものは歯の隙間や歯茎に詰まったプラーク(歯垢)をきちんと落とすことができません。

硬めの歯ブラシでは、歯の表面のエナメル質や歯茎を傷めることがあります。奥歯も虫歯になりやすいところです。奥歯までしっかり歯ブラシが届くように、ヘッドは小さめのものを選びましょう。毛先はまっすぐにカットしてあるものの方が磨き残しを減らし、歯の隙間にフィットさせることができます。柄もまっすぐストレートなものが持ちやすく、指先で細かく動かしやすいと言われています。

歯周病や歯肉炎を発症していると、歯磨きの時に痛みを感じることがあります。歯茎から出血していたり、腫れていたりする時は柔らかめの毛のものを使ってみると良いでしょう。歯周病を患っていると歯と歯茎の隙間である歯周ポケットの部分が広く開いて、プラークがたまりやすくなっています。毛先が細めで、歯周ポケットの中まで毛先が届くものを選びましょう。

歯磨きが苦手な人は、電動歯ブラシや音波ブラシ、超音波ブラシがおすすめです。電動歯ブラシは、ブラシ自体が細かく振動して歯垢を落としてくれる歯ブラシです。小さな丸いヘッドが回転したり、手磨きのような動きを素早く細かく行ったり、値段によってブラシの動きが変わってきます。

音波ブラシは、音波で高速の水の流れを作り出し、深いところの歯垢まで落としてくれる歯ブラシです。超音波歯ブラシはもっともプラークを除去する効果が高い歯ブラシで、手磨きでは落とすことのできない粘度の高い虫歯菌まできちんと除去してくれます。

電動歯ブラシは短時間で素早くきれいに磨くことができますが、やりすぎるとエナメル質を傷つけることもあります。推奨される歯磨き剤や使用時間を守って使うと、効果的にプラークコントロールをすることができるでしょう。

Copyright © 歯磨きの悪習慣とは?. All rights reserved.